銀行カードローンの使い方

MENU

銀行カードローンの使い方

カードローンには、消費者金融のカードローンと銀行のカードローンがありますが、カードローンで融資を受けることをお考えの方の中には、申し込みのしやすさから、通常のカードローンを選ばれることが多いようです。これは、銀行カードローンが審査が厳しいというイメージが定着しているからかもしれません。

 

しかし、銀行カードローンの中には、通常のカードローンと変わらない審査内容のものもあるため、いちがいに、すべての銀行カードローンの審査が厳しいというわけではありません。

 

銀行カードローンのメリットは、何と言っても金利の安さと、大手の銀行から融資を受ける時の安心感です。ここでは、銀行カードローンの使い方を、見ていきたいと思います。

 

・銀行カードローン申し込む

金利や必要な融資金額に応じて、銀行カードローンを選んで申し込みをします。申し込みは、郵送やインターネットなどの方法がありますが、多くの方が、手続きの早さからインターネットからの申し込みを選択されるようです。その際、本人確認・審査・在籍確認が行われます。無事に審査に通ったら、カードローンを利用する際に必要となるカードが発行されます。

 

・銀行カードローンの融資を受ける

銀行カードローンの融資を受けるには、銀行のATMやコンビニのATMが必要となります。使い方は簡単で、キャッシュカードを使用する時と同じように、ATMにカードを挿入後、暗証番号と融資金額を入力します。その後、返済方法の選択が表示されます。すべての画面操作を終えたら、融資完了です。

 

・銀行カードローンの返済の方法

銀行カードローンによっては、返済方法にも違いがあるかもしれませんが。基本的に、ATMからの返済・振込みでの返済・口座振替での返済方法があります。ATMからの返済は、ATMにカード挿入後、画面の指示にしたがって行います。

 

 

銀行カードローンは、通常のカードローンと変わりなく、コンビニなどのATMで手軽に融資を受けたり、返済をすることが出来ます。キャッシュカードの操作と似ていることから、つい銀行口座から引き落とすかのような感覚になってしまうこともあるかもしれませんが。融資を受けているという意識を持って、利用は計画的に行う必要があります。