総量規制対象外の銀行カードローン

MENU

総量規制対象外の銀行カードローン

現代は、便利なローンが数多くありますが。便利である分、融資を繰り返してしまう方もいらっしゃいます。総量規制というものをご存知でしょうか?

 

総量規制とは、改正貸金業法で定められたものであり、個人の年収の1/3以上の融資が禁じられていることを指します。これは、融資を繰り返すことによって、返済が困難になることを防ぐための大切な決まりでもあります。

 

この総量規制の対象となっているのは、ローンやキャッシングなどを取り扱っている消費者金融や信販会社などです。ローンと言えば、多くの銀行でも取り扱われているものですが。ここでは、銀行カードローンの総量規制について、見ていきたいと思います。

 

・銀行カードローンに総量規制はある?

銀行カードローンは、総量規制の対象外となっています。つまり、銀行の各種ローンをいくつか組んでいたとして、そのトータルの金額が、年収の1/3以上だとしても、新たに銀行のローン、および銀行カードローンの融資であれば、融資を受けることが出来るというわけです。

 

さらに、銀行カードローンは、追加融資が可能であるため、日常の中で思わぬ出費があった場合などにも、とても安心です。

 

・総量規制対象外の銀行カードローンの種類

基本的に、銀行カードローンは総量規制対象外です。人生には、住宅ローンや学資ローンなど、まとまった金額の資金を必要とする場面が訪れることもありますが、銀行カードローンなら、年収の1/3以内という総量規制にとらわれることなく、必要な資金を準備することが出来ます。

 

総量規制対象外の銀行カードローンの中には、限度額が500万円〜1000万円などの高額なものがあります。銀行カードローンは、通常のカードローンよりも、金利が低いため、返済しやすいという特徴がありますが、そういった銀行ならではのメリットを持ちながらも、中には、審査スピードが早く、場合によっては最短で即日融資を受けることが可能なものもあるようです。

 

銀行カードローンは総量規制対象外であるだけではなく、金利が低く、カードローンの便利さを備えているため、多くの方がご利用されています。融資を受ける際に気になることをほぼクリアしている銀行カードローンは、最も利用しやすいローンなのかもしれません。