銀行カードローンの審査について

MENU

銀行カードローンの審査について

銀行カードローンは、通常の銀行ローンとは違い、融資を受けた資金使途が自由であるという特徴を持っています。さらに、融資の際の金利も低いことから、カードローンの中でも人気が高いです。

 

銀行のローンと言うと、審査が厳しいというイメージがあり、つい身構えてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、ここでは、銀行カードローンの審査について、見ていきたいと思います。

 

・基本的な審査基準

銀行カードローンの審査基準は、通常のカードローンの審査基準と共通している内容となっているようです。まず、安定した収入のある方なら、基本的な審査基準を満たしていることになります。

 

そして、銀行カードローンは総量規制対象外であるため、年収の1/3以上でも融資が可能という特徴を持っています。つまり、申し込み時に、教育ローンや住宅ローンなどの銀行ローンを組んでいる場合でも、審査にマイナスの影響を与えることはないようです。

 

・信用情報機関を通しての審査基準

信用情報機関というものをご存知の方も、多くいらっしゃるかもしれませんが、これは、個人の信用に関する様々な情報を集めて、管理や提供などを行っている機関のことを指します。

 

信用情報機関を通して、クレジットカードやローンなどの契約状況、または、支払い状況などが分かるようになっています。こういった情報を通して、支払いなどに延滞がないか?現在の借入金額はどのくらいか?などが分かるようになっており、銀行カードローンなどの申し込みの審査基準として使用される場合があります。

 

・銀行カードローンごとの審査基準

銀行カードローンの中には、審査によって、審査が通りやすくなったり、融資の際の金利が優遇される場合もあるようです。例えば、その銀行で住宅ローンを組んでいる場合、融資の金利が優遇されるなど、銀行によって様々な審査基準があるようです。

 

もちろん、このような審査基準などがないものもあります。しかし、ある程度、その銀行を利用しているほうが、より審査に良い影響を与えることもあるかもしれません。

 

銀行カードローンは、融資の際の金利も安く、追加融資を受けることも可能であるため。審査に通ることが出来れば、快適に利用することの出来るローンのひとつであると言えるでしょう。