銀行カードローンの必要書類

MENU

銀行カードローンの必要書類

銀行カードローンは、通常のカードローンと同様に、窓口・自動契約機・電話・郵送・インターネットなどからの申し込みが可能です。さらに、銀行カードローンの中には、モバイルからの申し込みが可能なものもあるため利用しやすいようです。

 

銀行カードローンに申し込む際には、必要書類の提示が必要となります。ここでは、銀行カードローンの必要書類について、見ていきたいと思います。

 

・本人確認書類

銀行カードローンの申し込みには、本人確認書類が必要となります。これは、確かに本人がローンの申し込みをしているという証明となる大切なものです。

 

万が一、本人になりすました別の誰かが融資を受けるようなことを防ぐためでもあります。

 

本人確認書類の中には、運転免許証・健康保険証・パスポート・住民票の写しなどがありますが、住民基本台帳カードでも可能なようです。ただし、住民基本台帳カードを使用する場合、顔写真つきであることが前提となっているようです。

 

・収入証明書

融資の際に、収入証明書の提示が必ず求められるわけではありませんが、銀行カードローンの中には、融資金額によっては、収入証明書の提示が必要となる場合があります。

 

収入証明書が必要となる融資金額も、銀行カードローンによって違いがあるため、それぞれの規定に応じる必要があります。収入証明書には、源泉徴収票・給与明細書・所得証明書・確定申告書などがあります。

 

一般的に、消費者金融の場合は50万円までなら収入証明書が必要でないことが多いようです。

 

銀行カードローンの場合はさらに、100万円〜300万円まで、収入証明書不要な銀行カードローンもあるようです。まとまった資金が必要である場合には、申し込みの際に、こうした融資限度額なども把握しておくと良いかもしれません。

 

銀行カードローンは、ATMを通して融資を受けたり返済をすることが出来る、大変便利なものです。申し込みをする場合、日頃、頻繁に利用している銀行の銀行カードローンを選択することで、審査などがスムーズになるかもしれません。