収入証明がいらないカードローン

MENU

収入証明がいらないカードローンを選ぶなら!

面倒な収入証明がいらないカードローンで借りる

 

お金を借りようと思って申し込もうと思ったけど、収入証明書類が必要ですと書かれていて困った・・・という人は多いと思います。

 

基本的に消費者金融のキャッシング系は収入証明書が必要になるケースが多いです。(※少額なら不要になるケースもあり)

 

いちいち収入証明書類を用意するのが面倒くさいし、そもそもどうやって収入証明書を手に入れればよいか分からないという人は収入証明書がいらないで借りれる銀行カードローンがオススメです。

 

銀行カードローンは、銀行のローンであるにも関わらず、通常のキャッシングと比較しても融資を受けやすくなっています。銀行カードローンの特徴と言えば、なんと言っても、金利が低い所

 

銀行カードローンなら、面倒な収入証明書が不要な会社も多くあるので、収入証明書の提示に抵抗がある場合、収入証明書が不要の銀行カードローンを選ぶというのが、一番良い方法です。

 

収入証明がいらない銀行カードローン一覧

限度額

年率

収入証明書

オリックス銀行カードローン
最高800万 3.0%〜17.8% 300万未満不要
じぶん銀行カードローン
1万〜500万 3.9%〜17.5% 300万未満不要
ジャパンネット銀行
1万〜1,000万 2.5%〜18.0% 200万未満不要
三菱東京UFJ銀行カードローン
1万〜500万 4.6%〜14.6% 100万未満不要
新生銀行カードローン レイク
1万〜500万 4.5%〜18.0% 100万未満不要
東京スター銀行カードローン
10万〜500万 4.5%〜14.6% 100万未満不要

100万未満なら収入証明不要な所が多い

 

上記の一覧の様に銀行カードローンなら、収入証明書不要で借りれる所が多くあります。その多くが、平均的に100万円未満までの融資額である場合、申し込みの際に、収入証明書が不要であることが多いようです。中には300万円までの融資額など、収入証明書不要でも、高額な融資が可能なものもあるようです。

銀行カードローンはメリットがいっぱい

 

銀行カードローンは高額な融資が可能であったり、収入証明書が不要であったり、年収制限がなかったり金利が低いという特徴もあるため、消費者金融で融資を受けた時より、トータルした返済金額を低く抑えることが出来る場合もあります。
大手の銀行が運営しているので、特に信頼度の高い銀行であれは、高額の融資を受ける際にも安心です。

収入証明書が不要な銀行カードローンを利用するには?

 

基本的に、一定の収入がある方であれば、銀行カードローンの申し込みは可能です。もちろんパートやアルバイトの方でも申し込みが可能になっています。また、消費者金融と違って年収制限がないので、銀行カードローンの中には、専業主婦の方でも申し込みできたりするのも特徴です。
(※プロミスやアコムのような消費者金融系は100%NG)


銀行カードローンで使う収入証明書って何?

カードローンと言えば、突然の出費や、ある程度の金額の資金が必要となった時に、手軽に融資を受けることが出来るものです。

 

カードローンは、無担保で融資を受けることが出来るものであるため、申し込み時の審査は必ず必要となります。

 

中でも、銀行カードローンは金利が安いため、多くの方から人気のあるものです。ここでは、銀行カードローンの収入証明書について、見ていきたいと思います。

 

・収入証明書とは?

ローンを申し込む際に、収入証明書が必要となる場合があります。収入証明書とは、収入がどのくらいあるかという目安になるため、融資の際の信用度を左右する場合もあります。

 

収入証明書は、給与明細書・源泉徴収票・所得証明書・確定申告書などがあり、このうちのどれかの収入証明書を提示することになります。

 

・収入証明書が必要なのはどうして?

銀行カードローンをはじめとする、様々なカードローンは、個人信用情報に応じて無担保で融資を受けることが出来るため、個人の信用や返済能力が重視されます。そのため、個人の収入を確かめることの出来る収入証明書を通して、その信用をより確かなものにするためです。

 

・銀行カードローンに収入証明書は必要?

銀行カードローンの中には、収入証明書が必要なところもあります。一般的に銀行カードローンは金利が安いため、融資を受けたいと思われる方が多くいらっしゃいます。

 

しかし、銀行カードローンの中には、審査が厳しい所(※地銀の一部など)もあるため、返済能力を確認する意味で、収入証明書が必ず必要となる場合もあります。

 

銀行カードローンは、通常の銀行ローンのメリットと、カードローンのメリットを併せ持った特徴のあるローンです。コンビニなどのATMを通して融資を受けやすく、また、返済も手軽なため、最も人気の高いローンのひとつと言えるでしょう。

 


収入証明書が必要な場合と不要な場合をおさらい

数多くのローンの中でも、カードローンは手軽に融資を受けることが出来る上に、限度額内であれば、追加融資も可能であるため、最も利用しやすいローンとして、多くの方から支持されています。

 

銀行カードローンは、カードローンの手軽さに、金利が低いという特徴を持ち、多くの方から支持されています。

 

銀行カードローンで借りる時には、収入証明書が必要な場合と不要な場合があります。

 

・収入証明書が必要な場合

銀行カードローンを申し込む際には、本人確認書類のほかに、収入証明書を求められる場合があります。収入証明書の提示が必要な場合のほとんどが、融資を受ける金額が高額である場合です。

 

銀行カードローンによって、融資金額の限度額にも違いがありますが、銀行カードローンは、個人の信用に基づいて、無担保で融資を受けることが出来るものです。

 

信用情報機関を通しての個人の信用や、返済能力などの確認をするための収入証明書は、高額な融資が可能かどうかの大切な目安となります。各銀行カードローンで幾らまでなら収入証明がいらないのか決まっていますので注意しましょう。

 

・収入証明書が不要な場合

銀行カードローンには、融資金額の限度額や、融資の際の金利に違いがあります。多くの方が銀行カードローンで融資をお考えになる理由は、金利が低く返済がしやすいからです。

 

銀行カードローンの中には、融資金額によって収入証明書が不要な場合があります。あらかじめ設定されている限度額によっては収入証明書が不要なため、高額な金額の融資を必要としていない方なら、収入証明書の提出をすることなく申し込みをすることが出来ます。

 

例えば三菱東京UFJ銀行カードローンの場合は100万円未満なら収入証明不要なので99万円までのお申し込みなら運転免許証や保険証などの本人確認書類だけを用意すればOKという事です。

 

様々なカードローンと比較しても、銀行カードローンはメリットが多く、最も利用しやすいカードローンであるかもしれません。